MENU
MENU

【勘定奉行】売上を勘定奉行に直接書き込み、月間600件の2重登録と手入力の手間を解消。

商蔵奉行 導入事例 導入後02

保守メンテナンスを契約している会社が600社以上あり、

そのほとんどの会社に毎月請求書を発行し、経理システムへ

手作業で入力を行っていました。

それを勘定奉行へ直接書き込みできるようにしたため、

一気に手作業が削減されました。

商蔵奉行 導入事例 導入前01

導入前の課題

1.毎月600件以上の売掛データを経理システムに手入力していたので、時間がかかっていました。
2.経理システムへは入力のため、損益を把握するのに時間がかかっていました。
3.手入力のため入力ミスも発生していました。
4.担当者が不在の場合、さらに時間がかかっていました。

商蔵奉行 導入事例 導入後02

導入後の効果

1.請求書を発行したらすぐに勘定奉行へ書き込めるため、手作業がなくなりました。
2.入力を待たずに損益がすぐに把握できるようになりました。
3.2度入力しないため、ミスがなくなりました。
4.担当者が不在でも経理システムへはボタン一つで登録できるようになりました。

お問合せフォーム

奉行サプライ販売

Facebook

会社案内

MENU